株マイスターについてはさまざまな噂がありますが、その中に優良投資顧問であるという噂もあります。果たしてこの噂は本当なのでしょうか。それを確かめるために、株マイスターの特徴をはじめさまざまな方面から多角的に分析し、その噂の真偽を探っていきます。そうすれば、実際に株マイスターを利用すべきかどうかの判断が下せるでしょう。

株マイスターってどんな投資顧問?

虫眼鏡

株マイスターは、株式会社SQIジャパンが主催している投資情報サイトです。株式会社SQIジャパンでは、個人投資家第一主義という方針を掲げ、日本株式についての情報を投資家に提供しています。株式会社SQIジャパンの金商(金融商品取引業者登録)の番号は関東財務局長(金商)第850号で、金融庁から認められた正規の投資助言を行う企業です。したがって、株マイスターで提供されている株式情報については、安心して利用ができ、初心者でも有益な情報が得られるようになっています。

株マイスターでは、個人投資家のためにアナリストがさまざまな株式分析をし、有益な情報を提供すべく日夜努力しています。アナリストは、株式についての知識を勉強するだけでなく、最高の情報を個人投資家に与えるにはどうすればいいかを真剣に考えています。そのため会員は継続した利益を得られるチャンスに恵まれるのです。もちろん、投資というものは絶対的なものではなく、損失を生む場合もありますが、その恐れを含めて、バランスの取れた助言を行うように相場観をとても重視しています。

株マイスターの助言は明確です。銘柄の売りと買いについて的確な助言ができるよう、企業調査と分析に全力で取り組んでいます。一部のインターネット投資助言サイトでは、推奨銘柄を簡単に示すだけで、売りや買いについての明確な指示がない場合がありますが、株マイスターではそのようなことはありません。その点に関しては、「単発スポットライン」というコーナーで正しい情報提供をするとともに、会員が損をしないで済むようにロスカット情報も明記しています。

株マイスターが初心者に分かりやすい理由とは

男性の指と株のイラスト

株マイスターが初心者にも分かりやすいのにはいくつか理由があります。まず、マンガでわかる株マイスターというコーナーで初心者のためのスタートガイドを用意しています。このコーナーには3つの無料サービスが示されているので、見てみましょう。3つとは、「単発スポットプラン」「スタンダードプラン」「マスターEXプラン」のことです。「単発スポットプラン」では、短期、急騰、高利益を目指します。「スタンダードプラン」では、中長期にわたって安定した利益を狙います。「マスターEXプラン」は、運用資金が1000万円以上になった人向けの最上位プランです。

次に、株女子めぐみの相場ノートというコーナーでは、株式会社SQIジャパンに入社した女性社員の企業分析が載っています。この女性社員は、将来女性アナリストになるために勉強中ということで、その企業分析はかなり参考になるでしょう。企業分析と言っても専門的な内容ではなく、初心者でも分かりやすい基本的な情報ばかりをピックアップして、提示しています。この情報を見るだけでも、今後の株式の動向がつかみやすくなり、売るべきか買うべきかの判断基準として利用できるでしょう。

株式投資をする場合、株式の価格の推移をコンスタントに追っていかなくてはいけません。それができて、初めて売りや買いのタイミングが正しく把握できます。と言っても、初心者にはその辺の判断が難しいのですが、株マイスターでは、本日動いた思惑株と関連株というコーナーで、今取り上げられることが多い思惑株、材料株、注目株、関連株の銘柄の動向を実況中継でお伝えしています。これで、初心者でもこれらの株式動向をつかみやすくなるので、投資のタイミングを判断しやすくなるでしょう。

気になる直近提供銘柄の推移を調査してみた!

株マイスターで示されているいくつかの直近提供銘柄の推移を確認してみましょう。それによって、推奨銘柄の信憑性がわかります。まず、タツミという銘柄の推移から紹介します。提供日は2019年7月29日で、その日の終値は404円でした。高値日は2019年8月1日で、508円、安値日は2019年8月19日で、351円でした。掲載日は2019年9月5日で、382円です。騰落率は25%です。騰落率とは、その銘柄の価格がどの程度変化したかを表す指標です。騰落率からすると、この銘柄の信憑性はあるということになります。

次の直近提供銘柄の推移を見てみましょう。ビーグリーという銘柄の数値を載せます。掲載日は2019年7月10日で、終値は901円です。高値日は2019年7月16日で、終値は942円でした。安値日は2019年8月15日で、終値は776円でした。掲載日は2019年9月5日で、終値は880円です。騰落率は、-13%です。騰落率という点では、この銘柄の信憑性は高くはないのですが、騰落率が下がっていても、今後上がる見通しの銘柄もあるので、騰落率が下がっている=投資対象から外すべきというわけではありません。騰落率は、銘柄が掲載されてから最初と最後の数字を示しているだけなので、今後の見通しはそれだけで決められません。したがって、期間中の推移なども合わせて考えてから、その銘柄の信憑性を判断しましょう。

まとめ

株マイスターが優良投資顧問という噂が事実かどうか、特徴を見ながら確認してみました。その結果は、見てもわかるように優良投資顧問であると考えて間違いないでしょう。しかも、初心者にもわかりやすいコーナーも揃っていて、誰もが利用しやすくなっています。したがって、これから投資をしたいという人には、株マイスターはおすすめのサイトであると言えるでしょう。